後悔せずに逝きたいですね

こんにちはゴーゴーカズです。

今回はネガな部分に焦点を当てます。

とはいえ、誰でも100%関連するところですから大切ですよ。笑

結果としてポジティブになれる内容です。

 

これは一部の方には有名な話ですが、

オーストラリアでの終末期ケアに携わった看護師の

実際の経験からの話です。 何かといえば・・・・・・・

・・・

・・・

・・・

・・

人が死ぬ間際に後悔することです。

人間が亡くなる前の数週間を、

すぐ側で過ごしてきた実体験を元にした、

リアルな統計データになります。 *参考:http://nkohichi.com/nk2/2835/

 

そのべスト5が次になります。

1.他人から期待される人生ではなく、もっと自分自身に正直に生きればよかった。
2.あんなに一生懸命仕事をしなければよかった。
3.もっと自分の気持ちを素直に表せばよかった。
4.もっと友達と良い関係でいられればよかった。
5.自分をもっと幸せにしてあげればよかった。

 

如何ですかこれを見て?
残念なことに後悔ばかりなんですね。

「~すればよかった・・・」しかないとも言えます。

これはオーストラリアでの結果ですが、

日本を含めた世界共通の人としての結果ではないでしょうか。

あらためて考えさせられる話ですね。

 

日常的に仕事や生活で目の前のことをクリアするのに精一杯ですが、
ぜひ考えて欲しい話ではないかと。

元気なときには日常生活の中で

社会の一員としての立場もあり

いろいろなことで遠慮や規制、制限により

やりたいことを諦めたり我慢したりしているはずです。

 

とはいえ、

それは自分の意志で決めたことなんです。

こういうと

「だって~だからさぁ」

といろいろ“やらない理由”が出てきますが、
最終的にそう決めたのはあなたです。

それなのに自分以外の要因や理由でそうしたというわけです。

自分は良い子でいたいのでしょうか。

でもどんな状況や背景があったとしても

最後に後悔するのは自分自身なんです。

そして後悔してもすでに遅いのです。

やり直すことはできないのです。

 

なので、

自分のやりたいことをやりませんか。

男子もハンドクリーム

こんにちはゴーゴーカズです。

最近は某○○アが男子用を出したりと

ハンドクリームが普通の日常用のものになってますね。

男子が手にクリームなどと言おうものなら???でしたから、昔は。笑

男はほとんど家事などしないし

普通に生活する中で手を濡らす機会は

ないというイメージだと思います。
これは独身でも既婚でも差はないでしょう。

たしかに世間の多くの男子はこれに当てはまりますが、

どんなところにも少数派はいるわけで、

私もそこに含まれます。
具体的には、手の中でも指先がメインになり、

年齢的な要因が大きいのかもしれませんが、

指先がカサついてなかなかとれません。
自慢するわけではありませんが、

炊事や洗濯などの家事はもちろんしていません。
せいぜいクルマの洗車や草刈で汚れた手を

洗う程度です。
それでも指のカサつきが目立つので

妻にハンドクリームをもらっていますが、

一向に収まりません。
とくに乾燥する冬場はそれが酷く、

ネクタイやウール用品に指先が触れると

カサカサでカシミヤなど繊維を引っ張り出してしまいます。笑

以前ワンコの世話をしていたときは

これに輪をかけて酷い指先でしたね。

男子なので最悪見た目は気にしませんが、

触れたときにキズをつけるのは避けたいですね。

オフィスでもストレッチしましょう

こんにちはゴーゴーカズです。

意外かもしれませんが会社でのストレッチです。笑

 

会社での仕事中は、デスクワークなど同じ姿勢が長いですね。

これは体が固まりやすいということ。

そしてこれを継続すると、下半身太りやお腹が出る原因にも。
この固まった体をできればほぐしたいですね。

そんな仕事の休憩時間にできるストレッチがあります。

もちろん簡単で、場所も選ばずどこでもできるので、

積極的に時間を作って実践してみてください。

気分転換にもなり、仕事の効率も上るはずです。
運動不足を仕事のせいにする人は多いですが、

その運動不足の解消にもなりますよ、当然ですが。

 

さて、具体的な方法は以下になります。

□ふくらはぎのむくみ解消運動

立ち仕事だけでなく座りっぱなしでも、夕方が近づくと

足がむくんでくる人が多いようです。

その原因は下半身の血流で、血液の循環を良くしてあげないと、

痛みを感じるほどのむくみになることも。

 

この方法で足を軽くしましょう。

①片方の足の上に反対の足のふくらはぎを乗せて圧迫します。

②上になっている足の足首を曲げたり伸ばしたり、回します。

③足を入れ替えて同じ事を行ないます。
これで足の血流を良くして、むくみを解消できます。

これを定期的に行うことで足のむくみが防止できます。

 

□イスに座ってできる腹筋運動

イスに座ったままできる運動なので、仕事の手を止めてすぐにできます。

背中が曲がってしまうと効率良く腹筋を使えないので、

背筋を伸ばして行います。
①イスに浅く座って、両足・両膝をぴったりとくっつけます。

②手はお尻の横に置いて、イスの両サイドを持ちます。

③両足・両膝をつけたまま、胸の方に近づけます。

④足を胸くらいまで持ち上げたら、そのまま5秒間維持します。

⑤10~20秒かけてゆっくりと降ろします。
要するに簡単な腹筋運動ですが、時間があれば繰り返しましょう。

 

□壁を使って腕立て伏せ

壁さえあればできる腕立て伏せなので、普通の腕立て伏せができない人も、

出来てしまいます。
①壁に手をつきます。(手をつく幅は、肩幅より狭くならないように)

②壁を使って腕立て伏せをします。
これで本当に効果がある?と思われそうですが、

しっかり腕を曲げ伸ばしすることで効果があります。

机を使うと壁の場合よりも効果は高くなります。

また女性向けの効果ですが、脇をしめて行うと大胸筋が鍛えられ、

バストアップ効果も期待できるんです。
簡単ですしやらない手はありませんね。

 

盲導犬の仕事は何か知ってますか?

こんにちはゴーゴーカズです。

大の犬好きということもあり、

盲導犬について書いておきます。
盲導犬や介助犬というとラブラドールレトリバー

というほどイメージができていると思います。(^^)
たしかに犬種でいえばラブが圧倒的に多く、

実際に町で遭遇するのもラブではないでしょうか。
TVでも盲導犬協会のCMを観るくらいで

あちこちのショッピングモールや駅でも

紹介や説明のイベントが開催されていますね。
盲導犬の訓練をするための募金も同時に行っていて

それを集めるのも大きな目的になっています。

いま日本で実際に活動している盲導犬は約1000頭、

これに対して盲導犬を待ちわびている人は、

約3000人もいらっしゃいます。
潜在的な方を含めるとずっと大きな数字になるでしょう。

需要に対してまだまだ圧倒的に少ない盲導犬ですが、

その育成資金は約95%が寄付金なんです。

コンビやデパートなどでも募金箱を目にしますが、

おつりの小銭を少しでも寄付したいですね。

 

さて、盲導犬ですがその仕事は何かご存知ですか?
“そんなの聞くまでもない、目の不自由な人をガイドしたり、

欲しいものをとってくる、目的地まで連れていってあげる”

でしょ?・・・・・・・
という回答が多いと思いますが、じつは違います。
正解は、

①交差する道路に飛び出さないように曲がり角を教える

②ぶつからないように障害物を教える

③落ちたり、躓いたりしないように段差を教える

3つだけなんです。

 

毎日同じところに主人が行けばそのルートを覚えますが、

地図を覚えているわけではないので

初めての場所には行けないですね。
逆に、主人がガイドをしながら

安全に確実に移動できるようにポイントを教える

というのが盲導犬の仕事です。
3つの基本的な行動ができれば、

ご主人がどこにでも行けますよね。(^^)v

 

あらためていう必要はないでしょうが、

このような盲導犬の事情から、

どこかで盲導犬を見ても仕事中ですから

声をかけたりさすったりしない様にね。
人を大好きなのが盲導犬の条件のひとつなので、

そんなことをされると本能的に反応して、

仕事がおろそかになりますから。
またラブを飼いたくなりました。

やっぱシラスと桜えびです

こんにちはゴーゴーカズです。

今回は、美味しいものの紹介です。

というより、

単に自分が好きな食べ物の自慢です、はい。笑
何かといえば、【しらす(シラス)】です。

いわゆるシラスというちりめん雑魚の元になる魚は、

ウルメいわしの稚魚になります。

あなたも食したことがあると思います。

 

そのシラスですが、最近はたまにTVでも紹介されますが、

正直いって田子の浦のシラスが一番美味いです。

元静岡県人 ⇒ 現在神奈川県人

の人間がいろいろ食べた結果です。

それは私ですが・・・・・。笑

 

メディアで紹介されるのは湘南の方ですが、

大きさ、食感、そして味の良さは田子の浦が上です。

比較的浅い相模湾と深い駿河湾の違いや

海流の違いによる差だと思います。
なお、同じシラスでも食べ方の差があります。

・生シラス

・釜揚げシラス

・ちりめん

シラスそのものを楽しむのは生か釜揚げです。

どちらもイケますが、

どちらかといえば釜揚げの方が好きですね。

生シラスは量より旬の味を楽しむものです。

そして釜揚げシラスは量も楽しめます。

シラスに限らず生のものは量ではないですね。
釜揚げシラスはご飯にたっぷりのせて

美味さでご飯が何杯も行けます。笑
良く紹介されるシラス丼は湘南も田子の浦も

生と釜揚げシラスで構成されていますが、

生シラスは生姜醤油でツマミとして食べる方が好きです。

釜揚げシラスは塩茹でのオカズの位置づけですね。
最近は東名高速の富士ICを利用する方も多いので、

近くに出かけた際には少し足を伸ばしてみませんか。
田子の浦も観光でシラスを押すようになり

10軒以上のしらす屋がある通りを

「しらす街道」と指定したりしています。

しらすの入荷状況も含めて詳細は漁協に確認してください。

⇒http://tagonoura-gyokyo.jp/

朝捕れたシラスの釜揚げは最高です!!

機会があればぜひお試しを。

 

ちなみに個人的には最近は

‘釜揚げシラス+桜えび’にしています。(^^)

桜えびは由比が中心ですが同じ駿河湾なので捕れます。

このペアで二重に美味しさを楽しめます。

贅沢ですが。

美味しいうちに食べきる量がいいです。

最後に、しらす街道のオススメ店がありますが

お問合せいただければお知らせします。

簡単な運動でいいんです

こんにちはゴーゴーカズです。

いきなりですが運動はしていますか?

適度な運動が必要なのはもう当り前ですが、

とくに平日は仕事が中心で時間も取れないので

運動はしたいんだけど現実的に出来ないな・・・・・

という状況ですよね。

 

なので、週末にまとめて運動をしている

という方が殆どではないでしょうか。

わかります、

何も運動しないよりまとめてやっておきたいですね。笑
とはいえ、週末というのはデートや勉強、趣味、買い物、

などで気がつけば運動の時間がなかったなあ、

というようなことも多いですね。
そこで少し見方を変えてみませんか。

まず【運動】というもののイメージを変えます。

運動というと何かのスポーツのような

いわゆる、頑張っている、気合が入っている、

のようなものが運動と思いがちですが、

そんなことはありません。
できないから、時間がないから、

と何もしないよりは簡単なものでも「運動すること」をおススメします。

ちょっとしたものでも頻度を多くする、

気軽に継続して行うことが意味があります。

・週に1回ハードに運動する

・平日に毎日軽い運動をする

どちらが効果がありますか?

 

少しずつ水を飲むのと同じく

運動を続けることが健康への効果に繋がります。

最近クルマの補助灯が気になる

こんにちはゴーゴーカズです。

クルマエンスーとして書きます。

 

盆暮れとは関係なく日常的な話ですが、

夜の運転時に補助灯(フォグランプなど)を点けているクルマ

多くありませんか?

最近は言わないかもしれませんが、

【フォグランプ】というくらいで、

元々はメインのライトでは見えにくいため

霧などの状況が悪い時にサポートするためのライト、

それが補助灯です。

 

つまり、通常の夜のドライブ時は不要なんです。

 

メインライトだけで十分な光量が得られるように

規格とそれのクリアが製品としてのクルマや

車検証の前提となっています。

補助灯をつける必要はないわけですね。

 

それにもかかわらず、

夜のクルマを見ていると我が家の近所では、

半数以上のクルマが補助灯を点灯しています。

これは特定の地域に限定されることではなく、

日本中がそうではないでしょうか。

 

補助灯を点けるくらいいいんじゃないの?

といわれそうですが、

対向車からは光が多くなり眩しくなります。

正直目がくらむほどの光量ではありませんが、

走行中の状況や天候により眩しいときはあります。

 

そして、それ以上にクルマや運転に対するスタンスなんです。

 

クルマが白物家電になって久しいのですが、

基本的なリスクや物理的な部分は変わらない

というより高性能化に伴いより大きくなっています。

そのようなリスクを意識できずに運転している、

まったくリスクを感じていない、

という状況になっていると思います。
いろいろな安全装置もついていますが、

オールマイティではなく限界があります。

人間が作った機能ですから。

“大げさではないか?”といわれるかもしれません。
しかし、こういう意識やスタンスは、

イザというときに現れるものです。

余計な補助灯の点灯が

事故につながる可能性があります。

機能として付いているから点けているのでしょうが、

必要性と機能を理解して補助灯をつけていただきたい、

と本気のクルマ好きは気にしています。

ネバダレポートです

こんにちはゴーゴーカズです。

今回は気になる将来についてです。

 

ご存知の方は少ないと思いますが、

「ネバダレポート」というのがあります。

IMF(国際通貨基金)が、

日本の財政について下記事項を早期に検討・実行しないと

日本破綻の危険があるとして、

『日本再建プログラム=ネバダ・レポート』

としてまとめ警告しています。

 

その「ネバダ・レポート」の要点は8つあり、

1. 公務員の総数の30%カットおよび給料の30%カット。
ボーナスはすべてカット。
2. 公務員の退職金は100%すべてカット。
3. 年金は一律30%カット。
4. 国債の利払いは5~10年間停止=事実上紙くずに。
5. 消費税を引き上げて20%へ。
6. 課税最低限を年収100万円まで引き下げ。
7. 資産税を導入し、不動産に対しては公示価格の5%を課税。
債券・社債については5~15%の課税。
株式は取得金額の1%を課税。
8.預金は一律、ペイオフを実施するとともに、
第2段階として預金額を3~40%カットする
(財産税として没収)

また、マイナンバーで国民総背番号化したのも

このための準備と言われています。

 

これらのことから分かることは

【 自分自身で稼ぐ能力を身につけないと
必死で手に入れたお金・時間・場所を
抵抗できない権力に強奪され、二極化の
底辺に突き落とされる人生が待っている 】

ということになります。

俄かには信じられないですし、

現実的にそうなって欲しくありませんが、

富裕層の間では以前から共有されている情報で

その方たちはすでに対策をしています。

 

マスコミはしっかりあちら側についていますから、

この手の情報は一般的には出てきません。

知らぬは○○ばかりなり、ということですね。

 

そんな人生を望んでいますか?

違いますよね?

ではどうすれば良いのか、

自力で稼いでいくしか解はありません。

つまり大切なのは

サラリーマンのままではハッピーになれない

ということですから、自力で稼ぐにはどうすればいいのか

考えてみることから始めましょう。

 

自分で行動してみなければ始まりません。

健康と同じく重要な話ですね。

 

ダイエットしたければよく噛むこと

こんにちは、ゴーゴーカズです。

週末のディナーいかがでしたか?

のんびり美味しいメニューをいただいたかと思います。

 

ところであなたはものを食べるときに

どれくらい噛んでいますか?

一口で食べる時の噛む回数です。

 

あらためて聞かれても噛む回数を数えながら

食べているわけではないので???ですね。笑

 

食事は生きるための重要な行動ですが、

噛むのは無意識に行っているので

あらためて噛む回数を聞かれてもねぇ。笑

回数がわからない場合は、食事のときにチェックしてみましょう。

 

ところでなぜよく噛むのでしょうか?

それは食事のときの噛む回数でいろいろな差がでるからです。

とくにダイエットへの影響に要注目です。

じつは、管理人は食事のときによく噛むことが

ダイエットになることを聞いていて、

妻にも言ってきましたが、

体重を減らしたいといいながら実践できていません。

ところがたまたまTVのバラエティで

噛む回数とダイエットの関係をやっていて、

その理屈とともにあらためて効果がハッキリしました。

 

食事のときの一口分で噛む回数ですが、

10回、30回、50回で比較した場合、

50回噛んだ場合が最もダイエットの効果はあり、

体重の減る量も大きくなります。

具体的には1ヵ月のトライで1kg以上のダイエットです。

10回ではダイエットの効果は見られません。

 

ただし、一口分に対して50回噛む行為は、

当然ですが食事の時間を延ばします。

毎回50回噛む食べ方では約1時間の食事時間になります。

身体にいいとはいえちょっと長すぎますね。(; 😉

減量に注目すれば50回噛む方が効果的ですが、

食事の時間も考慮すると、現実的には

30回噛むのが適当だといえます。

 

30回でもしっかりダイエット効果はあるので、

少し時間がかかっても現実的な解になります。

しっかり噛むことによるダイエット効果は、

・時間をかけて食べることが満腹中枢を刺激し、

同じ満腹感でも食べる量が少なくなる

・しっかり噛むことで唾液の量が増え、

消化や代謝の効率が良くなる

などによります。

 

そして、もうひとつ面白い見方があります。

それは噛む回数が多くなると

噛むことで使われる筋肉が頻繁に刺激され、

筋力アップ=顔に筋肉がつく

という結果になります。

つまり、50回噛んでいると顔の頬からあごにかけて太ります。笑
これに対し30回噛む場合は、

頬からあごにかけてスッキリ引き締ります。

これは、とくに女性が気にする「小顔」ですね。

 

ということで、

噛む回数を増やすことでダイエットになりますが、

ダイエットと小顔をゲットするためには

【毎回30回噛む】ことがオススメになります。

 

男子にも美容は必要ではないかと

こんにちはゴーゴーカズです。

さて、男性の方に質問ですが、

あなたは美容に関心がありますか?

あるいは、美容を気にしていますか?

 

「美容」=女性 というのが男から見た

一般的なイメージだと思いますが、

今やそうとはいえないんです。笑

 

ある美容感度の調査の結果では、

2012年の後半では、40代の男性の40%以上が

「あまりない/ない」と回答した美容への関心ですが、

約2年後の調査では、

40代の約65%が美容に関心があると答え、

あらたに追加された50代の57.9%の人も

美容に関心があると答えています。(・・)

 

普段の生活では仕事が中心ということもあり

美容に関して話す機会もないですし、

話題にするのはちょっと気が引けるというところでしょうが、

本音が出る調査では半数以上が

“美容に関して気になる”

という現在をあらわしています。

 

10~20代の若者世代との年代格差が少なくなり

ミドルエイジも一概に美容に無関心とはいえません。

変わりました。

 

アクティブに楽しむ50~60代の男性を応援する雑誌も

そんな傾向をプッシュしています。

「男子たるもの・・・・・」と美容に関して

今まで無関心がカッコイイとされた年代も、

その必要性に気づき始めたわけです。

 

ミドル~シニア世代が今まで以上に

自分自身に注意を払ったほうがいいですね。

ビジネスをはじめ社会生活を営む上で、

・清潔感をキープし

・最低限度の身だしなみを整える

は当たり前といっていいでしょう。
スーツや靴などの“持ち物”よりも、

ヒゲや肌、ニオイなど“体”にまつわる事柄に、

より気をつけたほうがいいということですね。