最近クルマの補助灯が気になる

こんにちはゴーゴーカズです。

クルマエンスーとして書きます。

 

盆暮れとは関係なく日常的な話ですが、

夜の運転時に補助灯(フォグランプなど)を点けているクルマ

多くありませんか?

最近は言わないかもしれませんが、

【フォグランプ】というくらいで、

元々はメインのライトでは見えにくいため

霧などの状況が悪い時にサポートするためのライト、

それが補助灯です。

 

つまり、通常の夜のドライブ時は不要なんです。

 

メインライトだけで十分な光量が得られるように

規格とそれのクリアが製品としてのクルマや

車検証の前提となっています。

補助灯をつける必要はないわけですね。

 

それにもかかわらず、

夜のクルマを見ていると我が家の近所では、

半数以上のクルマが補助灯を点灯しています。

これは特定の地域に限定されることではなく、

日本中がそうではないでしょうか。

 

補助灯を点けるくらいいいんじゃないの?

といわれそうですが、

対向車からは光が多くなり眩しくなります。

正直目がくらむほどの光量ではありませんが、

走行中の状況や天候により眩しいときはあります。

 

そして、それ以上にクルマや運転に対するスタンスなんです。

 

クルマが白物家電になって久しいのですが、

基本的なリスクや物理的な部分は変わらない

というより高性能化に伴いより大きくなっています。

そのようなリスクを意識できずに運転している、

まったくリスクを感じていない、

という状況になっていると思います。
いろいろな安全装置もついていますが、

オールマイティではなく限界があります。

人間が作った機能ですから。

“大げさではないか?”といわれるかもしれません。
しかし、こういう意識やスタンスは、

イザというときに現れるものです。

余計な補助灯の点灯が

事故につながる可能性があります。

機能として付いているから点けているのでしょうが、

必要性と機能を理解して補助灯をつけていただきたい、

と本気のクルマ好きは気にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です