やっぱシラスと桜えびです

こんにちはゴーゴーカズです。

今回は、美味しいものの紹介です。

というより、

単に自分が好きな食べ物の自慢です、はい。笑
何かといえば、【しらす(シラス)】です。

いわゆるシラスというちりめん雑魚の元になる魚は、

ウルメいわしの稚魚になります。

あなたも食したことがあると思います。

 

そのシラスですが、最近はたまにTVでも紹介されますが、

正直いって田子の浦のシラスが一番美味いです。

元静岡県人 ⇒ 現在神奈川県人

の人間がいろいろ食べた結果です。

それは私ですが・・・・・。笑

 

メディアで紹介されるのは湘南の方ですが、

大きさ、食感、そして味の良さは田子の浦が上です。

比較的浅い相模湾と深い駿河湾の違いや

海流の違いによる差だと思います。
なお、同じシラスでも食べ方の差があります。

・生シラス

・釜揚げシラス

・ちりめん

シラスそのものを楽しむのは生か釜揚げです。

どちらもイケますが、

どちらかといえば釜揚げの方が好きですね。

生シラスは量より旬の味を楽しむものです。

そして釜揚げシラスは量も楽しめます。

シラスに限らず生のものは量ではないですね。
釜揚げシラスはご飯にたっぷりのせて

美味さでご飯が何杯も行けます。笑
良く紹介されるシラス丼は湘南も田子の浦も

生と釜揚げシラスで構成されていますが、

生シラスは生姜醤油でツマミとして食べる方が好きです。

釜揚げシラスは塩茹でのオカズの位置づけですね。
最近は東名高速の富士ICを利用する方も多いので、

近くに出かけた際には少し足を伸ばしてみませんか。
田子の浦も観光でシラスを押すようになり

10軒以上のしらす屋がある通りを

「しらす街道」と指定したりしています。

しらすの入荷状況も含めて詳細は漁協に確認してください。

⇒http://tagonoura-gyokyo.jp/

朝捕れたシラスの釜揚げは最高です!!

機会があればぜひお試しを。

 

ちなみに個人的には最近は

‘釜揚げシラス+桜えび’にしています。(^^)

桜えびは由比が中心ですが同じ駿河湾なので捕れます。

このペアで二重に美味しさを楽しめます。

贅沢ですが。

美味しいうちに食べきる量がいいです。

最後に、しらす街道のオススメ店がありますが

お問合せいただければお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です