ネバダレポートです

こんにちはゴーゴーカズです。

今回は気になる将来についてです。

 

ご存知の方は少ないと思いますが、

「ネバダレポート」というのがあります。

IMF(国際通貨基金)が、

日本の財政について下記事項を早期に検討・実行しないと

日本破綻の危険があるとして、

『日本再建プログラム=ネバダ・レポート』

としてまとめ警告しています。

 

その「ネバダ・レポート」の要点は8つあり、

1. 公務員の総数の30%カットおよび給料の30%カット。
ボーナスはすべてカット。
2. 公務員の退職金は100%すべてカット。
3. 年金は一律30%カット。
4. 国債の利払いは5~10年間停止=事実上紙くずに。
5. 消費税を引き上げて20%へ。
6. 課税最低限を年収100万円まで引き下げ。
7. 資産税を導入し、不動産に対しては公示価格の5%を課税。
債券・社債については5~15%の課税。
株式は取得金額の1%を課税。
8.預金は一律、ペイオフを実施するとともに、
第2段階として預金額を3~40%カットする
(財産税として没収)

また、マイナンバーで国民総背番号化したのも

このための準備と言われています。

 

これらのことから分かることは

【 自分自身で稼ぐ能力を身につけないと
必死で手に入れたお金・時間・場所を
抵抗できない権力に強奪され、二極化の
底辺に突き落とされる人生が待っている 】

ということになります。

俄かには信じられないですし、

現実的にそうなって欲しくありませんが、

富裕層の間では以前から共有されている情報で

その方たちはすでに対策をしています。

 

マスコミはしっかりあちら側についていますから、

この手の情報は一般的には出てきません。

知らぬは○○ばかりなり、ということですね。

 

そんな人生を望んでいますか?

違いますよね?

ではどうすれば良いのか、

自力で稼いでいくしか解はありません。

つまり大切なのは

サラリーマンのままではハッピーになれない

ということですから、自力で稼ぐにはどうすればいいのか

考えてみることから始めましょう。

 

自分で行動してみなければ始まりません。

健康と同じく重要な話ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です