年間1万頭以上の可哀そうな犬たち  

この数字は何かわかりますか?
 
そうです
可哀そうですが殺処分される犬の数です。
 
 
平成28年で猫と合わせてやく7万頭のようで
圧倒的に猫のほうが多いです。
 
飼い犬がテーマなのでワンコでいきます。
 
 
10年前に比べかなり減っているようですが
それでも年間4桁の犬が
殺されているわけです。
 
いろいろ事情はあるのでしょうが
人間の都合で某所に連れてこられる、
 
それも将来がない希望もない環境です。
 
 
年配の飼い主がワンコより先に亡くなったり
 
海外に行くことになり連れていけない
 
などの事情の方もいますが、
 
流行りや気分で飼ってみたものの
ストレスが多く世話ができないなど
 
軽い気持ちで飼い始めて結局
保健所や管理センターに連れていく、
 
というケースも多いと思います。
 
 
以前ハスキーがブームで飼い始めたはいいけど
一気にいなくなりましたね。(; 😉
 
ワンコたちはどこにいったのでしょう?
 
 
ワンコの迎え入れ方の一つに
このような犬たちを家族にする
 
というのもあります。
 
 
飼えなくなったワンコを紹介する
サイトもあります。
 
 
家族に迎えるワンコも何かの縁なので
このような犬から選ぶのもいいと思います。
 
人間の都合による殺処分を減らすことにもなります。
 
 
犬種もMIXも含めいろいろいますから
縁も含めて見てみるといいですね。
 
 
ただし
ワンコたちもネガな経緯を背負っているので
それを前提にきちんと飼えるかどうか
 
かなり厳しくチェックされます。
 
 
当然といえば当然で
 
そもそも迎え入れ方によらず
犬たちをこういう状況にしないのが
 
大前提です。
 
ペット=玩具
 
ではありませんから。
 
 
子犬から飼えなかったり
慣れるまで時間がかかるなど
 
最初は少し大変かもしれませんが
このような飼い方も知っておいてください。