高速道路は2車線ではありません

こんなタイトルにすると

「何を言ってるんだよ?」

「大丈夫かコイツ?」

のように思われるかもしれませんが、

時々勘違いしているのでは?と思えるクルマがいるので

今回は取り上げておきます。

 

本日第二東名を走りましたが相変わらずでした。

高速道路の場所により2車線以上のところもありますが

わかりやすいように2車線としておきます。

実際に走行すると視界では2車線に見えますが

それぞれ目的は分かれています。

左側の車線は´走行車線´

右側の車線は´追越車線´

になっています。

 

つまり走行は基本的に左側の車線で

前の車を追い越す際に右側の追越車線を使う訳です。

にもかかわらず結構いらっしゃいますね2車線走行のクルマ。

走行車線と追越車線でいっしょに並んで走られるケース。笑

これが続くと後ろの方は渋滞のようになります。(^^;

そういう方は大体ミラーを見ることも少なく

ご自身が原因でそうなっていると気づくまでに時間がかかります。

高速走行の基本は走行車線での走行です。

追越車線を使った後は走行車線に戻るが基本ですね。

 

現実的にはクルマの数が多い場合や道路の状況により

スムーズにいかない場合もわかりますが

・追い越したら走行車線に戻る

・自分より速いクルマが来たら早めに走行車線に戻る

を意識して高速道路の車線を使いましょう。

3車線以上のところは最も内側が追越車線です。

 

きちんと意識して走行することは安全にもつながります。

クルマは白物家電ではありませんから。