ダイエットしたければよく噛むこと

こんにちは、ゴーゴーカズです。

週末のディナーいかがでしたか?

のんびり美味しいメニューをいただいたかと思います。

 

ところであなたはものを食べるときに

どれくらい噛んでいますか?

一口で食べる時の噛む回数です。

 

あらためて聞かれても噛む回数を数えながら

食べているわけではないので???ですね。笑

 

食事は生きるための重要な行動ですが、

噛むのは無意識に行っているので

あらためて噛む回数を聞かれてもねぇ。笑

回数がわからない場合は、食事のときにチェックしてみましょう。

 

ところでなぜよく噛むのでしょうか?

それは食事のときの噛む回数でいろいろな差がでるからです。

とくにダイエットへの影響に要注目です。

じつは、管理人は食事のときによく噛むことが

ダイエットになることを聞いていて、

妻にも言ってきましたが、

体重を減らしたいといいながら実践できていません。

ところがたまたまTVのバラエティで

噛む回数とダイエットの関係をやっていて、

その理屈とともにあらためて効果がハッキリしました。

 

食事のときの一口分で噛む回数ですが、

10回、30回、50回で比較した場合、

50回噛んだ場合が最もダイエットの効果はあり、

体重の減る量も大きくなります。

具体的には1ヵ月のトライで1kg以上のダイエットです。

10回ではダイエットの効果は見られません。

 

ただし、一口分に対して50回噛む行為は、

当然ですが食事の時間を延ばします。

毎回50回噛む食べ方では約1時間の食事時間になります。

身体にいいとはいえちょっと長すぎますね。(; 😉

減量に注目すれば50回噛む方が効果的ですが、

食事の時間も考慮すると、現実的には

30回噛むのが適当だといえます。

 

30回でもしっかりダイエット効果はあるので、

少し時間がかかっても現実的な解になります。

しっかり噛むことによるダイエット効果は、

・時間をかけて食べることが満腹中枢を刺激し、

同じ満腹感でも食べる量が少なくなる

・しっかり噛むことで唾液の量が増え、

消化や代謝の効率が良くなる

などによります。

 

そして、もうひとつ面白い見方があります。

それは噛む回数が多くなると

噛むことで使われる筋肉が頻繁に刺激され、

筋力アップ=顔に筋肉がつく

という結果になります。

つまり、50回噛んでいると顔の頬からあごにかけて太ります。笑
これに対し30回噛む場合は、

頬からあごにかけてスッキリ引き締ります。

これは、とくに女性が気にする「小顔」ですね。

 

ということで、

噛む回数を増やすことでダイエットになりますが、

ダイエットと小顔をゲットするためには

【毎回30回噛む】ことがオススメになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です