オフィスでもストレッチしましょう

こんにちはゴーゴーカズです。

意外かもしれませんが会社でのストレッチです。笑

 

会社での仕事中は、デスクワークなど同じ姿勢が長いですね。

これは体が固まりやすいということ。

そしてこれを継続すると、下半身太りやお腹が出る原因にも。
この固まった体をできればほぐしたいですね。

そんな仕事の休憩時間にできるストレッチがあります。

もちろん簡単で、場所も選ばずどこでもできるので、

積極的に時間を作って実践してみてください。

気分転換にもなり、仕事の効率も上るはずです。
運動不足を仕事のせいにする人は多いですが、

その運動不足の解消にもなりますよ、当然ですが。

 

さて、具体的な方法は以下になります。

□ふくらはぎのむくみ解消運動

立ち仕事だけでなく座りっぱなしでも、夕方が近づくと

足がむくんでくる人が多いようです。

その原因は下半身の血流で、血液の循環を良くしてあげないと、

痛みを感じるほどのむくみになることも。

 

この方法で足を軽くしましょう。

①片方の足の上に反対の足のふくらはぎを乗せて圧迫します。

②上になっている足の足首を曲げたり伸ばしたり、回します。

③足を入れ替えて同じ事を行ないます。
これで足の血流を良くして、むくみを解消できます。

これを定期的に行うことで足のむくみが防止できます。

 

□イスに座ってできる腹筋運動

イスに座ったままできる運動なので、仕事の手を止めてすぐにできます。

背中が曲がってしまうと効率良く腹筋を使えないので、

背筋を伸ばして行います。
①イスに浅く座って、両足・両膝をぴったりとくっつけます。

②手はお尻の横に置いて、イスの両サイドを持ちます。

③両足・両膝をつけたまま、胸の方に近づけます。

④足を胸くらいまで持ち上げたら、そのまま5秒間維持します。

⑤10~20秒かけてゆっくりと降ろします。
要するに簡単な腹筋運動ですが、時間があれば繰り返しましょう。

 

□壁を使って腕立て伏せ

壁さえあればできる腕立て伏せなので、普通の腕立て伏せができない人も、

出来てしまいます。
①壁に手をつきます。(手をつく幅は、肩幅より狭くならないように)

②壁を使って腕立て伏せをします。
これで本当に効果がある?と思われそうですが、

しっかり腕を曲げ伸ばしすることで効果があります。

机を使うと壁の場合よりも効果は高くなります。

また女性向けの効果ですが、脇をしめて行うと大胸筋が鍛えられ、

バストアップ効果も期待できるんです。
簡単ですしやらない手はありませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です